安倍首相夫人小学校名誉校長?

小学校設立国有地売却の闇

道新02/21 21:06、02/21 21:14 更新

国有地売却問題で、21日午後、大阪府豊中市の国有地が、学校法人「森友学園」(大阪市淀川区)に評価額の14%の値段で売却された問題で、民進党の国会議員による「追及チーム」が21日、大阪市内で、売却に関わった近畿財務局と大阪航空局の担当者らから聴き取りをした。大阪府庁で記者会見した玉木雄一郎幹事長代理は「基本的な質問にも十分な答えがなかった」と批判した。
近畿財務局などによると、売却地に小学校校舎を建設中の学園側から昨年3月、深い地点で新たに廃材などのごみが見つかったと申告があり、担当者らが現場確認した上で8億円余りの撤去費用を積算。評価額9億5600万円から差し引き、売却した。
聴き取りでは、撤去費用の積算根拠について議員から質問が集中。当時の現場写真が新たに提出されたが、実際に学園側が申告した地点からごみが出たことを裏付ける説明はなく、議員からは「どんなごみがどこから出たものかも分からない。根拠は極めて乏しい」など批判の声が上がった。
議員らは21日、森友学園の所在地である淀川区内の幼稚園も訪れ、籠池泰典理事長に面会を求めたが、不在を理由に断られたという。小学校の名誉校長は安倍晋三首相の妻昭恵さん。

稲田防衛相が理事長に感謝状 森友学園、昨年10月

道新 02/23 12:20

稲田朋美防衛相は23日の衆院予算委員会分科会で、大阪府豊中市の国有地を評価額よりも大幅に安く取得したことが問題となっている学校法人「森友学園」(大阪市淀川区)の籠池泰典理事長に昨年10月、防衛相感謝状を贈呈していたと明らかにした。その上で「一般論として感謝状贈呈がふさわしくないと判断した場合、取り消すこともある」と述べた。民進党の大西健介、辻元清美両氏の質問に答えた。辻元氏は「再考すべきだ」と指摘した。
稲田氏によると、防衛省海上幕僚監部が贈呈を推薦。艦艇の入港時、学校法人が運営する幼稚園の園児の鼓笛隊が隊員を歓迎し、海賊対処に従事する隊員に園児手作りの品を贈った点を評価した。保育士を自衛隊に体験入隊させた点も理由に挙げた。
稲田氏は、籠池氏との関係について問われ「面識はあるが、10年ほど会っていない」と述べた。

My Comment

この学校法人 森友学園 塚本幼稚園幼児教育学園は全国で最初に学校法人として創立された幼稚園です。と謳い園の特色として、
時代錯誤もはなはだしい次のような項目が掲げられている。
・毎朝の朝礼において、教育勅語朗唱、君が代斉唱します。
・一年中のスイミング、剣道、「ラグビー」リズム合奏、バイリンガル国際科、そして日本の伝統文化である論語、「将棋」、「そろばん」大正琴、日本太鼓。
・毎月良書選定して読みかき、よみきかせに力を入れている。
・子どもは遊びの天才である。
まるで、戦前の教育そのものである。
日本会議(安倍晋三首相や夫人、自民党の大半の議員、神社関連、右翼)のメンバーでもあり、今回の国有地取得をめぐる闇と、新設される小学校の名誉校長が安倍首相夫人であること。防衛大臣稲田朋美もメンバーであり、この学園の園児たちへ感謝状を贈ったこと等々明らかにこの日本会議がその接点であり、徹底した解明が求められる。
民進党もこれをうやむやにしてはその存在意義すらなくなることを肝に銘じて、しっかり追及してほしいものである。

コメント


認証コード8653

コメントは管理者の承認後に表示されます。